清流に泳ぐ鯉のぼり

和紙の里らしく高知県いの町で毎年五月三日~五日までの三日間、和紙で作った大小約300匹の鯉のぼりを仁淀川に沈めて泳がしております。新緑の中を流れる清流でのこのイベントを見ようと大渋滞を覚悟で今年も行って来ました。帰りに西島園芸団地にも寄り、満開のブーゲンビリアの下でフルーツの食べほうだいも最高でした。
                    会場の風景
f0184314_1071315.jpg


f0184314_1072974.jpg

                  西島園芸団地のブーゲンビリア
f0184314_1010549.jpg

               この下で食べるフルーツは最高
f0184314_10114066.jpg


f0184314_1012485.jpg

               バナナの花です、初めて見ました
f0184314_10123810.jpg

 会場の方が「珍しい木があるんですが見てみますか」と案内してくれたシャボチカド
 という木で、木に直接実がなっておりました。了解を得てみんなで一つずつ食べて
 みたらとても美味しかったです。
f0184314_10131393.jpg

[PR]

  by shimanamipoppy | 2013-05-05 10:27

<< 渓谷に泳ぐ鯉のぼり 今日の来島海峡 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE